自分解放宣言

ちからを抜いて生きることにした

天中殺だったって話。

この前、2020年迎えたと思ったらあれよあれよという間に下半期スタートしてもう10月...っひいぃぃぃ!!

 

自粛期間中に読んだ中園ミホさんのインタビューに、占いを参考にして長い目で自分の人生を見ると良いよ、と書いてありました。

 

占いはもともと好きで雑誌読んだり実際に視てもらったりするけれど、天中殺や大殺界のように自分の運勢を年単位で考えたことがなかったから自分の年表を作って調べてみたところ、なんと

 

2018年2019年が天中殺だった...。

 

思い返せば、この2年間は私にとって主に仕事に関して終わりの見えない辛くてながーいトンネルを歩き続けてる感じだったから。まさにだわ。

 

まず、2017年末ぐらいから少しずつ会社の同僚や先輩が辞めていきかつてないほどの人手不足に陥りました。休みは少しずつ減り長期休みも取れず残業ありきの日々...業務はどんどん増えていく。部署内の誰もが終わりの見えない辛さをチームワークだけで乗り切る毎日。

 

私が1番尊敬している現場を指揮し続けてくれた先輩は、休みなく働き続けとうとう入院。

そうなってようやく上層部や人事部が人材確保に動いてくれたけれど、人材というのはそんな簡単には育ちません。何度でも言いたい、人は簡単には育たん

 

しばらく激務は続き、ようやく最低限の人数がそろい始めたかも...と思い始めたある日上司から

「〇〇(私)、来月からちょっと別部署勉強してみよっか。」

と、軽い感じで言われました。そしてあれよあれよという間に異動に。それが2018年末。新しい部署で、今までもやっていた業務だけど完全に新しいメンバーで進めることになり、毎日覚えることはあるわ、マニュアルが無いからそれまでの担当の先輩のもとへ行き教えてもらうわ本当に目が回るかと思いました...。(遠い目)

 

しかも顧客層が変わり、昔ながらの一筋縄ではいかないお客様とか...毎日顔と名前とあらる顧客情報を脳みそフル回転させて、対応していくのは胃に穴が開くかと思った...。実際、この頃から時折頭痛にもがき苦しむようになってしまいました。

 

異動先は最低限のメンバーのみで進んでいき、片や古巣の部署は人が育ってきて休みが回り始めてる...。激務続きの毎日で自分がゴリゴリ削られていく...。終わりは見えない業務は増える。この「終わりが見えない」というのは本当にしんどかった...。

結局、私はこの天中殺の最中に会社を去ることを決めました。

 

今年の上半期期間にその天中殺は終わったそうで...(流派によっては今年1年もまだ続いているという場合もあります)。

下半期の今、確かにすごく楽です。楽しいし、前向きだし、何より自分でもよくわからない焦燥感が無くなりじっくり毎日を過ごすことができるようになったと思います。

 

占いなんて信じない、という方もいると思いますが何かアドバイスが欲しいな...と思ったときに調べてみると思いがけず突破口をいただけたりすると私は思いました。

夏仕舞い 

今年の夏は、転職活動とコロナによる引き続きの自粛のため特にどこかにでかけることもなく、これといった夏らしいイベントにも参加しませんでした。

 

ただ、ひとつだけ夏らしさを感じるイベントに今年初めて行ってみました。それが

 

「MYSTERY NIGHT TOUR 2020 稲川淳二の怪談ナイト」

 

です。毎年、関テレさんで夏になると稲川さんの怪談グランプリを観るのが楽しみだったり、関ジャニの丸ちゃんが怪談ナイトに参加した話を耳にして昔から興味はあったのですがなかなか機会が無いままで...。

コロナのこともあり、ギリギリまで行くか悩んでたのですがせっかくチケットも買えたし体調管理にいっそう気を付けながら過ごして行くことにしました。

 

当日、事前準備としては家で体温チェックして政府アプリをダウンロード。

会場では、QRコードを読み込んでメールを送信する大阪府のシステムに参加。

会場に入る直前に体温検査と手消毒しました。席の確認をすると、1席空けるなどの対策から1列前の席に変更になってました。

 

怪談、お話の最中は照明が暗くなるなって...正直不思議なモノが一緒にいてもわからないよなぁ...と思いながら聴いてました。

 

今年は結局夏らしいことはこれでおしまい。来年はどうなるのか...。

村上さんの魂の歌に応えたい

少し前に買っていた日経エンタテインメントを読みました。最初は、本屋で立ち読みでいいかな、という気持ちだったけど、ページを開いてすぐこれは家でじっくり読みたいやつ、とレジへ。

読みたかったのはこの連載。

f:id:akiiwtwia:20200921175749j:image

トップバッターは村上さん。8ページも場所を作ってくれて、普段あまり多くを語らない村上さんの気持ちが書かれていた。

 

【サポート役ができたらいい】

インタビューの中にこの言葉が。確かに彼がサポートに回ったらとても安心感がありますよね。関ジャニも含めてゲストが何を言っても何をしても彼がどうにかしてくれると思えてしまうんです。ただ、箱推しの私はメンバー全員が一緒に何かをする関パニのような番組が大好きなので、クロニクルがリニューアルして村上さんが司会をしないのがとても嬉しいです。場を回していない村上信五をお茶の間のみんなに知ってもらえる。実際、私の友達はクロニクルFの中の村上さんを見て

 

「村上くんってメンバーの中だとふわふわしてる」

 

と驚いてくれた。そうでしょ、そうでしょ?メンバーの中で安心しきった村上さんはまさに「ヒナ」になっちゃうんだよ。可愛いよ最高さ。誰の采配だったのか、感謝しかない!と思っていたら村上さん自身がMCはしないと言ってくれていたらしい。それを良しとしてくれた制作サイドの方々、メンバーありがとう!!

 

【仕事するか、風呂入るか、寝るかのほぼ3択の毎日】

そんなギリギリの状態で、それでも(関ジャニ∞を)閉じないでいてくれて、続けるという選択をしてくれて本当に本当にありがとう。今関ジャニが存在してくれているのがどれほどの綱渡りの上で成り立っていたのか想像しかできないけれど、本当にありがとう。

 

最近、Twitter関ジャニのことを検索した時に、

 

関ジャニ、歌うまメンバー抜けて終わったな」

 

という呟きを見て凄くモヤっとしてしまいました。どこをどう見て彼らが終わったと勝手に判断しているのか。いや、Twitterって好きに呟くものなのはわかっているんです。分かっているけれどモヤモヤしたんです。けれど村上さんはインタビューの中で

 

「ちっちゃい波なんか"事故"みたいなもん。長く続けていれば誰にでも多少はやってくる。」

 

と言ってのけた。一瞬で私のモヤモヤしたものを払ってしまった。そうか、そうだよね。ファンの私が外野の声にゆらいでどうする。

 

 

 

昔、ある小説の中で「有事の人材は平時にはいびつ」というセリフがありました。今回のコロナウイルスという不測の事態で関ジャニはまさに「有事の人材」だと思わせてくれる数ヶ月だったと思います。

先の見えない不安な状況の中、様々なコンテンツを、時には毎日供給してくれて、あの時ある程度の「皆で乗り越えよう」の取り組みが盛り上がりをみせた後も、関ジャニは続けてくれてた。

そしてLINEスタンプという、「気持ち」だけでなく私達も一緒に貢献できる「経済支援」の方法も打ち出してくれました。

スタンプに加えてJohnny's DREAM IsLAND2020→2025は、「売ってよし、買ってよし、世間よし」を見事に体現した最高の企画だったのではないでしょうか。

 

次のメンバーは誰でしょう。あと4ヶ月、彼らの過去現在未来のお話が聞けるのが楽しみです。

 

 

再スタートを切る。

2019年10月をもって前職を退職した。

辞めた理由はいくつかあったけれど、1番の理由は将来のことを考えた時にこの会社でずっとは働けない...と思っていたから。

ずっとやめよう辞めようと思いつつずるずる働き続けていたけれど、ある時憑き物が落ちたかのように

「あ、もうやりきったな。」

って思った。

 

ここから辞めるまでに色々あったけれど(その時、麻痺してた私はその色々をうまく笑えない自分が変なのかな...と思ってたが在職中も定期的に会ってた友達からは「それ....笑えなくて当然だよ!」と言われてやっと「そうか...笑わなくてよかったんだ」と思えた。)

 

実は、辞めるまでの1年なかなか寝付けないし寝ても夢の中で仕事してるし、休みの日も遠出する元気が出ない。とにかく体が重い。人と会いたくないし人の声聞きたくないし...。でもせっかくの休みなんだから、と外出ても何食べたいのか何が欲しいのか何がしたいのかわからなくなってた。だから辞めてすぐはひたすら寝続けた。

でも、ずっと寝てたら思考も体もすっきりして「あーあそこ行きたいな。あの子と会いたいな。」って気持ちが取り戻せたのは本当に嬉しかった。

 で、長期休みとか取れたこともなかったので辞めてから年末までは転職活動もせず旅行行ったり、USJ行ったり、仕事始めてから会えてなかった友達とひたすら会ってご飯食べて...のんびり過ごすことに。

 

お正月明けから転職活動を始めて、2か月ちょっと。ここで思わぬできごとが...そうコロナウイルス

もともと別の業界、未経験職種への転職を希望していたから転職エージェントを2件登録して面談も受けたけど、全然エントリーが通過せず。そのうち非常事態宣言まで出てしまって、なかなか思うように動けなかった。

4月末に1度、ある企業から内定のお話をいただいていたけどそれすらも白紙に。

それをきっかけに改めて自分が今後どう働いていきたいのか考えなおし転職活動を再開。

そして今回、お仕事の内定をいただけた。

派遣での就業にはなるけれど、1度は諦めた職種の仕事に未経験にも関わらず就くことができ本当に嬉しい。

何より担当してくださったコーディネーターさん、営業さんが素敵な方だったので安心。今後も雇用のことで何かあったら間に入ってくださる方なのですごく有難い。

 

 去年の私よ、勇気を出してくれてありがとう!!

4月の私よ、怖いと思うけどあと少し踏ん張ってみて!!

今の私、おめでとう!!これから頑張れ私!!

 

P.S.今、毎日毎日仕事に追われて追われて、「でもまだ大丈夫だよ倒れてないもん。自分よりしんどい人はいるし、こんなことで辛いって思うなんてダメ。」って自分自身に思ってるあなたへ。ご飯は美味しいですか?きちんと眠れていますか?何が欲しいか、何が食べたいのか、何をする自分が好きかきちんと思い浮かびますか?

しんどさを人と比べる必要は無いですよ。その気持ちを自分だけは否定しないであげてくださいね。

 

理想の色作り

※今年の1月のできごとです※

 

万年筆を楽しんでる友人から「文房具巡りがしたい。」とLINEが来たので自分だけのインクを作ってきました。

場所はなんばスカイオの中にあるKA-KUさん。スカイオは象印食堂がオープン当時話題になってるのを仕事柄チェックしてたのみで今回初めて行きました。

 

価格:30ml/¥2,160-

 

24色あるインクから最大3色まで選んで自分の好きなように交ぜて色を作ります。

これが楽しい楽しい。ひたすら試し書きして混ぜて書いて...を繰り返す。しかも、混ぜる割合を変えるだけで色合いも濃淡も予想外の物が生まれたりするから楽しい楽しい。最後、1色に絞らなきゃいけないのが大変だった…。インク作りしてるのが私たちだけなことに甘えて納得いくまで1時間半ぐらいひたすら混ぜ続けた。

2人とも好みの色が全然違ってパレット内が暖色(友人)寒色(私)に分かれてた。笑

f:id:akiiwtwia:20200728212539j:image

決まったらスタッフの方に選んだ色と割合をお伝えして、メニューの中からドリンク選んで飲んで待っているだけで自分だけのオリジナルインクのできあがり。

f:id:akiiwtwia:20200728212742j:image

せっかくインク作ったけど今のところ、自分だけしか楽しんでないから誰かに手紙を書く機会を無理やりにでも作ろうかと考えてる今日この頃。

誰か手紙欲しい人いないかな...。

 

誰かと、行きたいときに行きたい場所へ自由に行けることはとてもとてもかけがえのないことだったと痛感している今日この頃。

1日でも早く、またそうした日々が送れるようになるためにも自分ができることを自分なりに、でも力を入れすぎずやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

コンビニ人間、ハッピーエンド?

※感想にはネタバレも含まれるので未読の方はご注意ください※

※※※あくまでも一個人の感想です※※※

 

友人に「コンビニ人間読んでみてほしい。そして感想を聞かせてほしい。」と言われたので読んでみました。読んですぐに友人にLINEで送った感想は、

 

怖い!!!!ただ、ただ怖い!!!!!

 

同じ人間なのに怖い。「世の中にはいろんな人がいる。」言葉にするのは簡単だけど私の世界の色んな人なんてまだまだだった...。

この「怖い」は、ホラーな怖さとか意地悪とか暴力的で他者に危害を加えそうだから...ではなく自分の理解を越えた「得体のしれないもの」への恐怖...。

 

まず、ネットでちらっと感想を見たときによく見かけたのは主人公が

「30代、独身、実家暮らし、コンビニ店員」

であることに言及したものが多く感じたけど私はそれよりも

「友人の赤ちゃんも妹の赤ちゃんも一緒。」

泣いている姪をあやす妹を目の前にして

「泣いているのを止めるだけなら簡単なのに。」

 この部分。ほんっとーにぞわぞわした。直接的に書いていないのにその裏にあるをほのめかしているのかがわかって怖い。

 

ただ、誰に迷惑をかけているわけでは無いのに年齢とか独身であることとか職業は何かをあれこれ自分の価値観ではかって言ってくるのは、本の中も現実も一緒だし、少なからず私も言われたことがある。

 

うるせー、ほっとけ!!!

 

って思える日と、あぁこんな私なんて...と落ち込む日とある私にとって主人公が色々言われてるのは辛かった...。

最後、主人公は周りに色々言われて一度はコンビニを辞めるけれど、結局コンビニと言う場所に戻ることになる。多分、人によっては

 

え、それでずっとコンビニで働き続けるの?

 

と思う人もいるかもしれない。私も自分だったら先々の色んなことを考えてしまうと思う。けれどそれ以上に、自分の居場所はここだと思える所を、他の人の言うあれこれに引っ張られず見つけることができた主人公は幸せなんじゃないかなと思った。

 

ふう...これ、しばらく再読できる気がしないな...。

たくさんの祝福を君に

 

7月、小さい頃はずっと一緒で住む場所が離れても関係が続いていた大事な大事な友人の結婚式に行ってきました。

 

会場は、

エネコ東京

六本木駅から少し歩いた住宅街の中にあるオシャレでアットホームな場所でした。

 

歩いてる時に前方にも参列者らしき方がいるなーと思ってたんですが会場着いてびっくり。小・中学校時代の友達でした。新婦とは高校も一緒だったので高校友人として招かれてたみたいです。

f:id:akiiwtwia:20191219002351j:image

招待状に「当日は、軽食も用意してるから早めに来てぜひ楽しんでね☆」と言った文言が載っていたので時間に余裕を持って着いたはずが既に参列者ほぼ揃ってました。

【追記】後日、新婦に会ったときにそのことを話したら

「そうなの!!旦那さんの友達はけっこう早くから来てたのに私の友達全然来てくれなかった!!笑」と言われました。笑
f:id:akiiwtwia:20191219002340j:image

人前式と披露宴の間に立食パーティーの時間が設けられていて、新郎新婦の思い出の写真を眺めながらフィンガーフードを堪能しました。

使われている材料はなじみのあるものなのに、食感が不思議なお料理で溢れてて面白かったです。味はもちろん最高。
f:id:akiiwtwia:20191219002345j:image

実は今回のお式、新婦友人挨拶を頼まれていまして...こんなに緊張した式初めてでした。笑

お料理楽しみにしてたのに正直あまり味わえてないです...。悲

ぜひいつかちゃんと味わいに行きたい。

挨拶は無事、新婦を泣かせることができたので成功かな。笑

一緒に参加した友人もすごい感激してくれたのですが、驚いたことに同じテーブルの新婦友人や式場スタッフの方々からも感動したとのお言葉貰えてすごく嬉しかったです。さらには、他の方々からも反響があったらしくて「いい友達をもったね~と何度も言われた、ありがとう!!」と後日友人からメッセージを貰った時は、ほんっとーにホッとしました。

 

出逢って19年。小さいころから知っているけれど、意外と恋愛や結婚の話はあまりしない彼女が珍しく話してくれたお付き合いされてる方が旦那さん。その時は、自分が相手を幸せにできるかわからないからまだ結婚は無い、と言っていたのにその半年後には婚約したことを教えてくれた時は正直とても驚きました。笑 自然に寄り添ってる2人を見て、「あぁ、これからの人生を一緒に過ごしていきたい」と思える人に出会ったのだな、ととても嬉しかったです。

おじさまと一緒に旦那様のもとへ歩いていく彼女はとても綺麗で、おじさまが彼女の背中をそっと押して旦那様の方へ送り出しているのを見たとき、自然と涙が零れました。

 

一緒に過ごした思い出の尽きない大切な大切な友人に、これからたくさんの幸あれ!